3分でわかるエネクスフリート

エネフリって何の会社?

地域社会と物流のパートナー

  • カーライフステーション

  • 車販売 アップル

  • 介護施設

エネフリは、1961年の創業以来50年以上に渡り、軽油を中心とした石油販売事業(フリート)を手掛けてきました。 全国に拡がるCS※ネットワークは200店舗を超え、日本の物流を担うプロの長距離ドライバーのオアシスとして、給油のみならず、安全とスムーズな運行をサポートするための付加価値サービスを提供しています。 得意先企業の数は15,000社を超え、フリート業界のリーディングカンパニーとして日本全国の物流インフラを支え続けています。

また、クルマを利用する地域住民を支えるカーライフの拠点としても、ガソリンだけではなく、カー用品の販売、車検、鈑金、自動車保険、レンタカー、車販売・買取など、様々なサービスを提供し、カーライフのワンストップサービスを推進しています。

2008年には、伊藤忠商事系列のエネルギー総合商社・伊藤忠エネクス株式会社の連結子会社となり、新エネルギーの供給拠点として、新電力事業への参入や、日本初のLNG(液化天然ガス)ステーションの運営など、石油販売にとどまらない事業展開を行っています。

そして、迫る超高齢社会を見据えた新たな取組として、2018年より介護事業に参入し、リハビリ特化型デイサービス施設「レッツ倶楽部」の運営を開始しました。“カーライフ”から“ケアライフ”まで、地域住民の生涯に渡るサポートも行っていきます。

今後も、「関係ある全ての人々の幸福と繁栄を図る」という経営理念の下、お客様のニーズに応じた様々な新規事業の展開や、海外進出を視野に入れた活動も行っていきます。

※CS・・・カーライフステーションの略、伊藤忠エネクスグループが提案する複合サービス給油所。

エネフリが手掛ける事業

数字で見るエネフリ

(2018年4月現在)

従業員数

1,846

社員 770名
パート・アルバイト 1,076名

平均年齢

38

年代別割合

10代 1%
20代 18%
30代 34%

40代 29%
50代 15%
60代 0.5%

男女比

男性
80%

女性
20%

創業

57(1961年1月)

店舗数

日本国内

200店舗

既婚・未婚率

既婚

55%

未婚

45%

有給取得率

60%

年間休日日数

本社・各支店

105日以上

※CS部門102日以上

離職率

8%

勤続年数割合

10年未満 49%
20年未満 30%
30年未満 15%
30年以上 6%

※正社員のみ

エネフリの強み

伊藤忠エネクスの連結子会社としての安定性

エネフリは、伊藤忠商事グループで国内No.1規模のエネルギー総合商社・伊藤忠エネクス株式会社の100%出資の連結子会社です。伊藤忠エネクスグループ全体の連結売上高は2017年度には1兆円を超え、安定した基盤の下、経営を行っています。

伊藤忠エネクスロゴ

多様なお客様のニーズに答えるべく本部・営業・CS の三位一体のチーム⼒で取り組みます。

営業

営業法人顧客を対象に各種エネルギーの提案活動を展開する。お客様の直接ニーズを汲み取り、更なるサービスの向上を目指す。

CS

プロドライバーや地域住⺠の方々に対してトータルなカーライフサポートを展開する。
単なる給油の場所ではなく、⾞販売から⾞検、板⾦、保険まで様々なサービスを⾏います。

本部

全国に展開するCS及び営業拠点を統括し、営業活動をバックアップする。
営業、企画、管理、総務などの部署でお客様の満⾜度向上の為や人材の開発、教育などの企画⽴案を⾏う。

エネフリの歩み

1967

事業拡大に伴い、組織を株式会社に改め、「株式会社港南石油商会」を資本金3,000万円で設立。

1977

石油事業部拡大により、「コーナンフリート株式会社」を資本金4,500万円で設立。店舗数17店舗でスタート。

コーナンロゴ

1986

本社屋を大阪府堺市西区鳳東町に移転。
事務処理分散のため、大型コンピューターを導入し、支店とのオンライン処理を開始。

1996

第100号店(出雲崎店)を新潟県出雲崎町に建設。

2004

「オートジョイントコーナン株式会社」(現 連結子会社)を設立。

オートジョイントロゴ

2008

高速道路サービスエリアに4店舗初展開。 伊藤忠エネクス株式会社(伊藤忠商事グループ)の連結子会社となる。

伊藤忠エネクスロゴ

2011

「エネクスフリート株式会社」に商号を変更

エネフリロゴ

2014

当社初のESSOマークとして、4店舗を開設。

1961

「伊藤忠燃料株式会社」(現・伊藤忠エネクス株式会社)の特約店第1号店を大阪府堺市に建設し、名称を「港南石油」として、石油販売業を開始。

1972

事業拡大に伴い、「港南株式会社」と商号を変更。

1982

第20号店(京都南上り線店)を京都府八幡市に建設。建設加速。

1988

第50号店(鳥栖インター基山店)を佐賀県基山町に建設。

1997

分散型経理システムスタートにより、各種分析結果をオープン化。

2005

千葉県市川市のホームセンターに併設して、オートジョイントコーナン株式会社 第1号店を建設。

オートジョイントロゴ

2009

本社事務所を大阪府大阪市淀川区西宮原に移転。

本社写真

2012

災害対応型配送センターとして、絆ネットセンターを宮城県利府町に建設。

2018

環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の1つである『大型LNGトラックおよび最適燃料充填インフラの開発・実証事業』として、日本初のLNG(+CNG)ステーションを大阪南港店に開設。
通所介護(デイサービス)事業開始「レッツ倶楽部 西宮北口」を開設。

レッツ倶楽部 西宮北口

現在、直営店・提携店併せて約210店舗にてチェーン展開中。

エネフリいろどる魅力へ 戻る