ご挨拶・企業理念

新たな価値の創造を

エネクスフリート株式会社 代表取締役

増田 俊二

企業理念

関係ある全ての人々の幸福と繁栄を図る
~地域社会と物流のパートナー~

過去、現在、そして未来においても、物流インフラを支えるエネクスフリートは、
人々の暮らしや社会、さらには日本を支えている企業であるといっても過言ではありません。
さらにこれからは、地域社会のニーズに応える新しいサービスや新しいエネルギーを提供するという役割も担います。
エネクスフリートの努力によって新たなビジネスモデルを構築することが、未来の社会貢献につながるという自信とプライドを持って事業を推進しています。

代表ご挨拶

 エネクスフリート株式会社代表取締役の増田俊二でございます。
この度は当社ホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。私共エネクスフリートは、”エネフリ”の愛称で皆様にご愛顧いただき、おかげさまで今年の1月に創業60年を迎えることができました。60年前に伊藤忠燃料株式会社(現伊藤忠エネクス)の特約店第一号として発足した港南石油が当社の源流となります。ここまで成長できましたのもひとえに創業の地域である大阪府を中心とした地域の皆さまのご理解、私共に信頼を寄せていただいております物流業界の皆様の応援のおかげと厚く御礼申し上げます。

 60周年の節目ではありますが、今私共のエネルギー業界においては、世界的な環境意識の高まりから、脱炭素エネルギーへの動きが加速してきており、本質的な課題に向き合って備えをしなければなりません。そんな課題に対する備えとして、近年では車販事業・介護事業・海外事業と当社の強みを活かした事業ドメインの拡大を図っております。また、今後は環境に配慮した水素事業の展開も視野に入れ準備しております。

 このような課題に囲まれておりますが、同時にアフターコロナの世界では社会の行動様式は大きく変わり人や物の流れが変わることでしょう。また、デジタルトランスフォーメーションの社会的推進により人々の仕事に対する意識も変わり、ワークライフバランスが今以上に意識され職業/会社の選別が進むことも予期されます。こうした中私共エネフリは、社会的要請に応えるべく、今まで以上にダイバーシティを加速しデジタルトランスフォーメーションを積極的に導入いたします。そして、10年後のあるべき姿を見据え、事業拡大と事業再編に向けた確実な1歩を踏み出し、しっかりとした礎を築くべく取り組んでまいります。

 私共の創業の地である堺の街は500年以上も昔から、海外に門戸を開け、常に新進気鋭の時代の風を取り込んで成長してまいりました。私共もそんな地域の大先輩たちを目標として「未来のエネフリをデザインする」を合言葉に顧客・従業員、そして社会から愛される会社を目指してまいりますので、引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

代表取締役社長   増田 俊二

企業情報トップへ戻る