沿革

1961(S36)

1月

「伊藤忠燃料株式会社」(現・伊藤忠エネクス株式会社)の特約店第1号店を大阪府堺市に建設し、名称を「港南石油」として、石油販売業を開始。以降順次店舗を建設。

1967(S42)

8月

事業拡大に伴い、組織を株式会社に改め、「株式会社港南石油商会」を資本金3,000万円で設立。

1972(S47)

3月

事業拡大に伴い、「港南株式会社」と商号を変更。

1977(S52)

4月

石油事業部拡大により、「コーナンフリート株式会社」を資本金4,500万円で設立。店舗数17店舗でスタート。

1982(S57)

2月

第20号店(京都南上り線店)を京都府八幡市に建設。建設加速。

1986(S61)

8月

本社屋を大阪府堺市西区鳳東町に移転。

8月

事務処理分散のため、大型コンピューターを導入し、支店とのオンライン処理を開始。

1988(S63)

3月

第50号店(鳥栖インター基山店)を佐賀県基山町に建設。

1996(H8)

7月

第100号店(出雲崎店)を新潟県出雲崎町に建設。

1997(H9)

4月

分散型経理システムスタートにより、各種分析結果をオープン化。

2004(H16)

12月

「オートジョイントコーナン株式会社」(現 連結子会社)を設立。

2005(H17)

3月

千葉県市川市のホームセンターに併設して、オートジョイントコーナン株式会社 第1号店を建設。

2008(H20)

2月

高速道路サービスエリアに4店舗初展開。

9月

伊藤忠エネクス株式会社(伊藤忠商事グループ)の連結子会社となる。

2009(H21)

4月

本社事務所を大阪府大阪市淀川区西宮原に移転。

2011(H23)

4月

「エネクスフリート株式会社」に商号を変更。

2012(H24)

10月

災害対応型配送センターとして、絆ネットセンターを宮城県利府町に建設。

2014(H26)

10月

当社初のESSOマークとして、4店舗を開設。

2018(H30)

6月

環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の1つである『大型LNGトラックおよび最適燃料充填インフラの開発・実証事業』として、日本初のLNG(+CNG)ステーションを大阪南港店に開設。

6月

通所介護(デイサービス)事業開始「レッツ倶楽部 西宮北口」を開設。

2018年現在、直営店・提携店併せて約210店舗にてチェーン展開中。

企業情報トップへ戻る