HOME > 絆ネットセンター

絆ネットセンター

絆ネットセンター

絆ネットセンター 軽油・重油・灯油 配送賜ります。伊藤忠エネクスグループが安定したエネルギー供給を致します。

絆ネットセンター建設のきっかけ

私どもエネクスフリート㈱は全国に約140ヶ所の大型トラック給油店舗としてエネルギー供給拠点を展開しており、そのエネルギー供給拠点は、地域・社会に対して、様々な貢献ができる重要な場所として認識しております。 防災の観点での取り組みとして代表的なものに災害対応ステーションの展開があります。   全国に約140ヶ所の大型トラック給油店舗
被災地の隅々まで円滑に燃料の供給が出来、産業復興にお役にたてる様にしたいという思いが当社、絆ネットセンターの建設のきっかけ   しかし、2011年3月11日においては、現在の防災に対するインフラでは不十分であり、エネルギー供給企業として到底地域貢献が計れない事を痛感させられました。 通常の店舗や災害対応店舗には、一般の顧客が殺到し、普段利用していただいている地域の皆さまへの燃料供給がままならないこと、本当に緊急を要する機関や施設への提供も対応が遅れることなく災害時に迅速な対応ができ、地域社会に貢献出来るインフラ整備の重要性を再認識致しました。

絆ネットセンター建設のきっかけ イメージ写真

災害対応エネルギー供給拠点として

災害対応エネルギー供給拠点として

 
1.災害発生時はエネルギー供給拠点として、避難所や病院等への優先的供給
2.停電時でもエネルギー自給自足設備で安定的な供給
3.災害時の緊急復旧ステーションの復旧運営指導
4.エネクス災害対応本部設置時の支部機能及び東北復興状況の情報発信基地機能
kizuna_photo03.jpg   当絆ネットセンターは、エネルギー自給自足による運営が可能な設備を付加し、太陽光発電設備(5.85キロワット)、軽油発電機設備(出力12.5キロボルトアンペア)、 リチウムイオン蓄電池(6キロワット)で停電時に始動することにより給油設備の電力を補います。
事務棟は太陽光で、給油設備は軽油発電機、それらの夜間補助として蓄電池が駆動するシステムを構築しました。
地下タンクは100KL。内訳は、灯油30KL・軽油30KL・LSA40KLとなっており配送ローリーは5台となっております。
平常時の運営については、30km圏内の医療機関、老人養護施設、各種工場、復興現場への配送業務を実施致します。
FAXでのお申し込み
0800-800-9250 絆ネットセンター 受付時間 平日9:00〜17:30 宮城県宮城郡利府町赤沼字横海道1-1(仙台東部道路:松島海岸インター近く)